自由研究「じめんのボタンのなぞ」文部科学大臣奨励賞

富山県在住、現在小学3年生の本吉凜菜ちゃんが、昨年、土地家屋調査士が地面に埋設した「境界標」に興味を持ち、自由研究で調べてくれました。
その自由研究「じめんのボタンのなぞ」が、平成23年度の全国小中学校自由研究作品コンクール・生活部門で最高賞「文部科学大臣奨励賞」を受賞しました。土地家屋調査士として、とても嬉しい出来事です。

作品はこちら「じめんのボタンのなぞ」(PDF)(注)約35MB有ります

連合会会報でも紹介させて頂きました。
連合会会報H24.4月号(PDF)