新築・増築・取壊した

新築・増築・取壊した

現地を調査・測量し法務局に必要な手続きを行います。

建物を新築したり増築したりしたときには法務局に届出をする必要があります。この届出によってあなたの不動産の権利が保護されるほか、銀行などの融資を受けることができます。

建物を新築したとき

新しい建物を建築したときは1ヶ月以内にどんな建物を建てたか法務局に届け出るよう法律で決まっています。これは権利証を作るために必要な建物情報の届け出ですから正しく行わなければなりません。
土地家屋調査士は建物を調査・測量し、法務局に必要な手続きを行います。

建物を増築したとき

建物を増築したときは1ヶ月以内にどんな建物を増築したか法務局に届け出るよう法律で決まっています。法務局にある登記情報が正しく変更されることによって建物所有者の権利がきちんと保護されます。
土地家屋調査士は建物を調査・測量し、法務局に必要な手続きを行います。

建物を取壊したとき

建物を取り壊したときは1ヶ月以内に法務局に届け出るよう法律で決まっています。 
土地家屋調査士は調査・測量し、法務局に必要な手続きを行います。